cutmail's blog

write the code

「プロジェクト・マネジャーが知るべき97のこと」を読んだ

プロジェクト・マネジャーが知るべき97のこと

プロジェクト・マネジャーが知るべき97のこと

積ん読になっていたのでやっと読んだ。 おなじみの97シリーズであるが、プロジェクトマネジメントに焦点をあてて、97人のエッセイ(+日本人11人)がまとめられている。

考え方は人それぞれなので、この本を一冊読んでみても人によってだいぶ違う事や反対のことを言っている箇所なども見受けられた。 要は手法に囚われずに本質を捉えて進むしかないってことなのだと思う。

よくあるケースとしては、プロジェクトの目的が曖昧なまま進み、プロジェクトメンバーもよく理解していないまま進んだりするケースがあり、 そういう場合にもいち早く方向性を示すのがプロジェクトマネジャーの大事な仕事の一つなんだと理解した。

以下気になった箇所メモ

2 モグラたたき開発を避けよう

機能実装にかかった時間を計測するときには、最初にその機能を書き上げるのにかかった時間だけを考慮してはいけません。
コードの強化、修正、改善にかかった時間も加えてください。品質の高いコードとテストを書くのには時間がかかります。

7 スキルではなく素質のある人を加えよう

「レジュメとスキル」が一致する人を雇うというのは、マネージャーがチームを作る際の最も愚かな方法なのです。

18 成功はビジネス価値で評価される

プロジェクトを成功させるためには、プロジェクトのビジネス価値を理解することが重要なのです。

31 顧客からの声

必要としていたのは自転車だけだったのに、動かない宇宙船の一部を作ってしまったのです。

36 サイクルで働く

研究によるとプロジェクトは複数のイテレーションに分割すると成功しやすいそうです。

マネジャーは、チームメンバー全員が生産性をベストな状態でキープするのに必要な配慮、情報、時間が得られるよう保証しなくてはなりません。
そうすることでで初めて、あなたのチームは全能力をあげて機能することが保証できるのです。

44 方法論を崇拝しない

あなたが駆使するプロジェクトマネジメント知識はすべて、手段であって目的ではありません。

68 一番うまく見積もれるのはその仕事をする人である

開発者と見積もりをする人のあいだには、スキルのレベルに差があります。

79 重要だが緊急ではないこと

重要だが緊急ではないアクティビティは、あなたの仕事の中で最も重要なものです。

81 ステータスという間違った考え

「完了」を定義するのは顧客なのです。

83 モラルの重要性を認識する

 ソフトウェアプロジェクト・マネジャーとして、あなたの仕事はモラルの高い職場づくりをすることです。

 モラルが高くなればなるほど、従業員の満足度も高まり、離職率も低くなり、生産性も高まります。

プロジェクト・マネジャーが知るべき97のこと

プロジェクト・マネジャーが知るべき97のこと

エンジニアリングにおける筋の良さ、悪さ

エンジニアとして多くの人と接している中で、筋の良い人、悪い人という分類ができることに気づいた。

 

ここでいう筋の良さとは、課題を解決する際に最短ルートを最初から見つけることができたり、他の人がパッと見たときにすんなり理解できるような解法を導き出せることである。

 

反対に筋の悪い人は遠回りと思えるような方法であったり、どうしてその解法に至ったのか理解し難いものを出してくるケースが多い。

 

筋の良さは経験値によるところが大きいと思うので、鍛えることができそうだ。

また筋の良さとはエンジニアリングだけでなく、専門職全般に当てはめることができるだろう。

 

自分がどちらに当てはまるかは常に気にしておきたい。

#DroidKaigi 2017で「4年続くアプリにおけるチーム開発」の発表をしました

発表中に手元においた時計の時間を勘違いしてスライドをだいぶ飛ばしてしまいましたが、立ち見が出るくらいの方々に来ていただきありがとうございました。 また質問もいくつかしていただいたりして有り難かったです。

やった自分の発表が終わったので、あとは残りのセッションを楽しみたいと思います 😁

#DroidKaigi 2017 で登壇します

droidkaigi.github.io

明日2日目 14:20 - 14:50 ROOM2 にて、Androidアプリのチーム開発について登壇します。

gkbrしてますが、是非聞きに来てください 😀

エナジードリンクを飲まなくなった

30歳を迎える少し前くらいから自然とエナジードリンクを飲まなくなった。いや、飲めなくなったといったほうがいいかもしれない。

その代わりにコーヒーを飲む頻度が増えた。

エナジードリンクを飲まなくなってから、すこぶる起きたときの体調が良くなった感じもある。

yatteiki.fmでも話題になっていたけど、エナジードリンクは糖質の塊、つまり砂糖水らしい。

あえて工数を無視して考えるということ

施策などを考えたりする際に工数は大事な要素ではあるが、最初から工数を出して並べて検討してしまったりすると、工数に引っ張られて本当に達成したい目的から外れた施策などを選んでしまいがちだったりすることがある。

そういうときは最初から工数を出さずに、目的を達成するためにできる、ありとあらゆるアイデアを一度全部出しきり(風呂敷を広げてみて)、一番目的を達成できそうなものを選ぶ。そのあとで初めて選んだ施策の工数を出してみよう。

もし工数的な部分が折り合わないようであれば、機能を削ったり、代わりの方法を検討してみると良いだろう。

ここで重要なのは、工数を考えてしまうことで、視野が狭くなり、中途半端な施策の結果、失敗の確率が上がってしまうということだ。

エンジニアが施策を考えたりする際にやってしまいがちな罠でした。