読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cutmail's blog

write the code

4/1から入社してエンジニアになる人に伝えたいこと

engineer

エイプリルフールですが、今から書くことに嘘はありません。

とうとう昨年新卒として入社してから丸一年が経ちました。
今の会社にはアルバイト期間も入れれば2年以上はいるので例年フレッシュさがないとは言われますが、
そんなことは気にせずにいろいろ考えてみました。

4/1に入社してエンジニアになる人に、僕が伝えたいことは一つだけです。

エンジニアであってもプロデューサー意識を持て

たぶん他にも言いたいことはいろいろあるかもしれないけど、一番大きいのはこれかもしれない。
よっぽどエンジニアとしてプログラムだけ書いて、企画とか考えない、言われたものだけ作るのでいいと言う人はそれでいいと思うけど、それ以外の人はこういう意識は持っていた方がいい。

プロジェクトであれば、自分意外にも本当のプロデューサーがいたりするかもしれないけど、
自分だったらこの時はこうするというのを考える癖をつけておくといい。

エンジニアだからこそ分かる部分が出てくるはずで、
それが強みになるかもしれない。

むしろエンジニアだからこそ思いつく事業アイデアがあるかもしれないし、
最初のキャリアとしてエンジニアを選んだからには
そのチャンスを使わないのは、本当にもったいないのかもしれない。

今の時代、エンジニアはサービスやアプリを作るだけでなく、
むしろ一番根本的な部分を考えていく必要がある。

本当にその事業モデルは大丈夫なのか。
技術的に無理なんじゃないか。

とか

こっちのやり方でやったらユーザーに喜んでもらえるんじゃないか?

とかとか。

そういう提案をもっとエンジニアがしていく必要がこれからはあるのだと思う。

地味な仕事に見えがちだけど、実は一番根本の部分を支えているんだと、自覚をもったほうがいいし
少しでも気になったことがあったらどんどん突っ込んで聞いてみるといいと思う。

そういう意味で、ただのエンジニアにはなるなと伝えたい。