読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cutmail's blog

write the code

Google Developer Day2009に参加してきました。

Google event

遅くなってしまったのですが、講演を聴きながらとったなぐりがきのメモを公開します。

HTML5

・HTML5はアプリケーションプラットフォーム
       アプリケーションを動かすための標準プラットフォームを定義する規格へ

・ユーザーにとってのメリット
       オフライン関連機能
       SVG, MathML, canvas, audio, videoなどによる表現力向上
       メニュー,フォームの強化による利便性向上
       スクリプトコード現象によるアプリケーションのロード高速化と動作高速化

・開発者にとってのメリット
       プラグインを使わないと実現できなかったことの一部がHTMLとスクリプトで可能になる
       例) Gmailの複数アップロードでのFlash使用など
       メニューやフォーム検証などに大量のスクリプトコードだったのが、HTMLの記述だけで可能に
       規格で曖昧だった点や、まったく標準規格が存在しなかった部分が規格化されることで、ブラウザ間の非互換が減少

・HTML5の新機能
       Web Workers マルチスレッド
       Web Socket  サーバーとのメッセージ交換
       Web Storage クライアント側へのデータ保管
       アプリケーションキャッシュ
       フォームの強化
       メディア要素
       アプリケーション向け要素
       構造化向け文章
       ドラッグ&ドロップ機構(API)
       contenteditable属性の標準化
       ドキュメント間メッセージング
       ルビ
       data-*属性        アプリケーション依存のデータを埋め込む
       SVGとMathMLの埋め込み

・HTML5は10年ぶりのHTML新バージョン
       HTML4, XHTML1.1, DOM Level 2 HTMLを包括し、機能を加える規格
       XHTML2および、XFormsは含まない
       W3Cの規格となるが、実作業はWHATWG(Apple, Opera, Mozilla)

・HTML5は4つの規格で構成
       HTML5
       Web Storage
       Web Workers
       Web Socket
       The Web Sockets API
       今年の10月くらいに最後のDraft

・新機能
       Web Workers
               バックグラウンドでスクリプトを実行する仕組み
               毎回新しいスレッドを生成するWorkerと、複数のウィンドウで共有できるSharedWorker
               ウィンドウを閉じても動き続けるpersistent workerを議論中

       Web Sockets
               専用のプロトコルでサーバと文字列の送受信をする仕組み
                       HTTPではないので、サーバ側での実装も必要
               XMLHttpRequestと比べると、オーバーヘッドが小さくリアルタイム性が高い

       Web Storage
               ページ遷移しても消えない、クライアント側のデータ格納機能
               データ形式の違いで2Type
                       storage型
                               window.localStorage
                                       サイト別に保持される、key-valueペア。cookieと同じような感じ。
                               window.sessionStorage
                                       サイト別、かつウィンドウ別に保持されるkey-valueペア。

                       Database型
                               localStorageと同様、サイト別に保持される記憶領域
                               SQLが使用可能
                               同期実行型と非同期実行型の2つのインターフェイス

       アプリケーションキャッシュ
               キャッシュしても良いURL、しないで欲しいURLを宣言
               オンライン時にキャッシュされていないURLを先読み、オフライン時にはキャッシュを使う


       フォームの強化
               input要素の新タイプ
                       search
                       email
                       time
                       datetime-local
                       number
                       color

               フォーム検証機能
                       フォームがsubmitされる前に、各フィールドの最小値、最大値、文字列パターン、入力必須かチェック
                       <input type="url" placeholder="デフォルトメッセージ"
pattern="https://???">

               メディア要素:canvas
                       スクリプトによる2次元グラフィックス描画

                       video,audio
                               img要素と同じように、srcを指定

       メニュー要素
               あらゆる要素にコンテキストメニューを定義
               ツールバーを簡単に定義


       datagrid要素
               まとまったデータを表現する
               リスト構造、木構造、表を扱う
               ソートや編集が可能

       progessとmeter

       構造化文書向け要素
               section, article, aside, header, footer, nav, timeなど
                       文章の見た目にはほとんど影響がない
                       HTMLソースの可読性向上など

ソーシャルWebの可能性

ユーザーレビュー
コメント

ソーシャル化によってサイトの認知を高める

mixiアプリ


ECサイト
・大量のレビュー
・まったく異なるレビュー

・友人のレビュー
・すべてのレビュー
⇒自分の友人関係(ソーシャルグラフを利用)

OpenID
       Webにおけるシングルサインオン
       認証=異なるWebサイトにおける識別子(ID)の共有/統一
       IDはURL形式

必ずしもユーザー情報が必要なわけではない
アウトソースみたいな形

OAuth
       アプリケーションに対して、APIの利用権限を与えるプロトコル
       認可/承認

OpenID OAuth Extension
       OpenIDとOAuthをハイブリッド化

Google Friend Connect

Androidのデータ共有

■Intent

Intent.putExtra()
       タイプの異なる一つ以上のデータを渡したいとき
       IntentにIntentを渡したり、バイナリデータも

       HOMEのショートカットアイコンも、Intent.putExtra()でバイナリデータ(アイコン)を渡してる
       あんまり大きいサイズは渡せない(ハードに依存)

       byte[]
               binary data
               bitmap
       serializable
               Object
       Bundleも便利

■SharedPreferences
       マルチプロセスには現在、非対応

       MODE
               同一アプリ内なら、MODEは気にしなくてよい
               ファイルのパーミッションで管理されている

       実際はFile
               /data/data/application_name/shared_prefs/***.xml

■Content Provider
       Activity.managedQuery
               cursorのライフサイクルをActivityが管理

       SQLiteDatabase
               共有は必要ないけど、sqliteを使いたい場合

■Web server(cloud)
       データはサーバーへ
       java.net.HttpUrlConnection

       UI Thread(main thread)でhttp送受信はNG
               サーバーからのレスポンスが得られるまでの間、threadが止まる
                       ⇒ANR dialog (Application Not Responding)

               Androidが,ANRを出す条件
                       ユーザーからの入力に対して、5秒間反応しない
                       BroadcastReceiverに対する処理に10秒以上かかっている

               ANRを避けるために
                       ユーザーに待ってもらう
                               Progress barやProgress Dialogを表示させる
                       backgroundで通信
                               Threadクラスを継承したり、Runnable
interfaceを実装する形で通信処理を行うクラスを別スレッド化しておく


■速度
       Intent ⇒ SharedPref ⇒  ContentProvider ⇒ Http

       HTTPが一番遅い
               ただし、ハードによる


■メリット
       Network
               記憶容量を気にしなくてよい
               データの永続性が端末に依存しない
               共有範囲が自分の端末に限定されない

■デメリット
       Network
               時間がかかる
               処理時間が推定しづらい
               UXに注意を払う必要がある
               バッテリーに難あり

■まとめ
       SDカードも
       ハードウェアや、実行環境によってメリット、デメリットは変わるため、複数のデータ共有の方法を知っておくことは大事

Androidのゲーム開発

ゲームグラフ
       背景、キャラクタのサブグラフ

       「経過時間」を入力することにより、フレームスキップ(コマ落ち、処理落ち)しても自然に動く。

スレッド
       スレッドは3つ
               メインスレッド
               ゲームスレッド
               レンダリングスレッド


高速なゲームを作るには、パフォーマンスと拡張性/保守性のバランスを取ることが重要

       ゲーム中には、メモリ確保や開放はしない
       DDMSを使ってメモリの使用状況を確認
       C++みたいにコードを書こう!

       関数呼び出しのコストは半端じゃない